歯周病検査

歯周病とはどんな病気か、皆さんご存知ですか!?


歯周病検査

歯周病検査

「あなたは歯周ポケット検査をされた事がありますか?」歯周ポケットとは、歯のまわりの歯肉の溝のことをいいます。健康な歯肉の歯周ポケットは 1〜2mmです。これは、小さなお子様から年配の方まで存在するものです。歯ぐきの中をよく調べる事で、歯周病の進行状態や回復状態をチェックする事ができます。これが歯周ポケット検査です。


歯肉炎

歯周ポケットに歯垢がたまっていると細菌により歯周ポケットが腫れ3〜4mmの溝が出来ます。これが歯肉炎です。


歯周病

歯周ポケット歯垢がたまり、細菌がどんどん増殖すると毒素により歯の下にある骨を溶かし、だんだんと歯が揺れ始め、最悪な場合は歯が抜け落ちてしまう病気です。


歯周病検査

プロービング検査

そこで、歯周病の早期発見・早期治療のために必要なのが「歯周ポケット検査」です。一般には深くなるほど歯周病が悪化していると考えられています。よって歯周ポケットの溝の深さを測定して、歯周病重症度の判定をしていきます。また、出血があるかないかの確認もとります。また歯のぐらつきの程度も測定します。歯周病が進行している場合、痛みを伴うことがあります。

「痛い」「歯が抜けた」このような症状になってから歯科医院にかかる方も多いはず。されど、早期治療のためには、定期的な歯周病検査が大切だということを、ご理解いただきたいと思っています。

↑ページトップに戻る